あなたの素敵を詰めた賃貸を探すお手伝いをするサイト

妥協点をさがそう!

これは我慢できる?音の話

私のお話で恐縮ですが、高校時代、理科科学地学の先生が「家を建てるのにおすすめのポイント」等、将来使える話をよくしてくれていました。
その時に一番気にするべきことは「音」である。と言うことをよく言っていました。
その後、実体験として、賃貸の2階に私、3階に小学生、幼稚園児のいるご家族が引っ越してきました。よく子どもたちが走り回ったり、それを怒る親の声が毎日ひっきりなしに聞こえてくるようになったのです。私は実は全然平気でした。夜9時には子どもたちが寝てしまうのか、静かになりますし、大きな声にも慣れていたので。元気だな。と思うだけでした。ところが、1階に住んでいた方はとてもうるさく感じていらっしゃる様子でした。
このように、音の許容範囲も実は人によって全然違います。そのため、こちらの音が聞こえてしまうかも?もですが、隣近所が出している音にどこまで許容できるか、も重要になります。

これは盲点?虫の話

人によっては大変嫌な話かもしれませんが、お付き合いください。虫の話です。
賃貸と言えば虫の話が出てくるのも必然ではないでしょうか。
よく言われるのはゴキブリですが、内覧の際によく見てほしいのは天井です。蜘蛛がいないか、蛾がいないかなどよく見てください。
これも結構大丈夫!という方と絶対に無理!という方で大きく差が出ます。あまり見たくないものではありますがちゃんと確認しておきましょう。それにあわせて窓もよく確認してください。街頭が近いと蛾が集まりやすいです。自分の部屋の候補がどこまで虫があつまりやすいか、湿気が大丈夫か見ておいてください。
もし可能なら、昼と夜で状況を確認しておくのもおすすめです。自分は虫がどこまで平気なのか、というのは意外と見落としがちです。